自分史〜にっき〜

東野圭吾にハマる

東野圭吾さんの本いっぱい出版されています。
めちゃハマってますw

きっかけは同僚に借りて読んだ「手紙」
両親のいない兄弟(弟想いの兄と主人公の弟)のドラマ。
兄は弟が大学に行けるようにと働き、弟は兄を気遣いながら勉学に励む。
ある事件を起こし、兄は刑務所へ。
養ってくれていた兄を失った弟は。。。

この小説は引き込まれましたね〜^^


次に読んだのが「宿命」
主人公の周辺の人物との宿命の対決が描かれたドラマ。
幼少のころのある事件をきっかけに医師を目指した主人公は、挫折して警察官となった。
その主人公の前に現れたのは学生時代からライバルだった男で、しかも主人公の元恋人の夫となっていた。
刑事と容疑者、その妻、それぞれが複雑にからんで宿命の対決に。


次が「秘密」
死んだ妻の人格を宿した娘と、彼女と夫婦生活を送ることになった中年男の愛の行方を描いたドラマ。
失ったのは、妻か、娘か。
広末涼子さん主演で映画化してましたよね^^


次は、「卒業」と「片思い」を読む予定^^

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。